季節限定商品やイベントで「桜を楽しむ2019」

2019-03-17 その他
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

いよいよ春めいて、桜の開花が楽しみになってきました。

先日は「桜の樹の魅力」について紹介したので、今回は「桜を楽しむイベントや商品」についてご紹介しましょう。

出かけて楽しむ「桜のイベント」!

前回の投稿を読んだ方から「どこに行けば花見ができるのですか?」という質問がありました。花見は、日本中どこでも、どんな種類の桜であろうと、桜が咲いている場所で桜を鑑賞し、春の訪れを感じることができれば、それはすべて「花見」と呼ばれます。梅や桃の花でも花見と言います。そのため、近所の公園などで、桜を見ながらお弁当を食べるのも花見です。

しかし「しっかり花見を楽しみたい!」という方は、イベントに出かけてみてはいかがでしょうか。自然を楽しむものから、エンターテイメントとして楽しむものまで、全国各地でさまざまなイベントが開催されています。東京のイベントの中から、いくつかご紹介してみましょう。

アクアパーク品川「SAKURA AQUARIUM by NAKED2019」

2019/03/02~04/21
水族館とデジタルアートがコラボした新しいお花見の形。イルカもペンギンも桜の花びらに包まれます。プロジェクションマッピングによる、幻想的な桜の海で、お花見を体験できます。
http://www.aqua-park.jp/special/sakuraaquarium2019/

日本橋「日本橋 桜フェスティバル2019」

2019/03/15~04/07
日本橋・八重洲・京橋エリア全体で行われるイベント。昔から名所である日本橋の桜と、約10万球のLEDが再現する高さ8mの桜の木といった現代アートが融合した街を楽しむイベントです。
https://nihonbashi-sakurafes.art/

東京ミッドタウン「ミッドタウン・ブロッサム2019」

2019/03/15~04/14
東京ミッドタウンと隣接する公園には、8種類約150本の桜が咲き誇ります。期間中は17:00~23:00まで、さくら通りがライトアップされます。ちょっと贅沢な期間限定ラウンジもあります。
https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/blossom

目黒川「中目黒桜ライトアップ2019」

2019/03/23~04/10
昔から人気が高い「目黒川の桜並木」は約3.8k。約800本ものソメイヨシノが並びます。期間中は17:00〜21:0まで、両岸がライトアップされ、ぼんぼりが吊るされ、屋台が並びます。
https://www.nakamegu.com/archives/994

見ているだけで幸せになる「桜の商品」!

イベントやお花見にでかけることができなくても、桜を楽しむ方法はたくさんあります。

例えば、桜の季節の食べ物といえば、桜餅に三色団子。コンビニでもスーパーでも、どこでも手に入れることができます。そして、桜を楽しむ食べ物・飲み物は、それだけではありません。

例えば、お茶の専門店「ルピシア」の店頭は、「桜のお茶シリーズ」で飾られています。塩漬けした桜の葉と緑茶をブレンドした「さくら焙じ茶」に「サクラティーバッグ」をはじめ、桜とルイボスティーをブレンドしたノンカフェインのお茶、抹茶とブレンドしたミルクティーなど、さまざまな桜のお茶を見つけることができます。

お茶が入った缶や箱などのパッケージももちろん桜柄。持ち帰る時の包装紙や紙袋まで桜柄で、見ているだけで楽しくなります。もちろんお祝いなどの贈り物にもピッタリです。

桜の塩漬けもあります。塩漬けした桜の花を1~2房、塩を落としてからお湯に入れたものは「桜湯」と呼ばれ、日本では昔から、結婚式などおめでたい席で飲まれてきた縁起のよい飲み物です。

さらに、桜の柄のマグカップ、クッキーやハチミツなども販売されていて、ルピシアだけでも「桜」を楽しむことができます。

参照:https://www.lupicia.com/shop/e/eS19/

このような「桜シリーズ」は、あらゆるジャンルの店舗で見ることができます。ラスク専門店にサブレ専門店、その他さまざまな店舗の「桜シリーズ」からお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。デパートの食品売り場を見て歩いたり、KALDIのような食品店で桜の商品を探したりするだけでも、桜を楽しむことができるでしょう。

もっと気軽に楽しむ「桜の商品」!

もちろん、コンビニエンスストアも百円均一にも桜の商品が並んでいます。

スターバックスの「桜チョコレートwithストロベリーゼリー」をはじめ、お菓子もさくら味、あんぱんには桜餡、和菓子には桜の花入りホイップクリーム、など「桜を味う」商品。

伊藤園の「お~いお茶」のように、味はいつもと同じでも、季節限定で「パッケージが桜になっている」商品。

100円ショップには、文房具や雑貨、キッチングッズなど、数えきれないほどの「桜をモチーフにした」商品。

仕事中の気分転換に、プチ模様替えに、身近なコンビニや百均で、気軽に桜を楽しむのもいいですね。

桜の楽しみ方は人それぞれ

いかがですか?「桜を楽しむ、お花見を楽しむ」といっても、人それぞれ、さまざまな楽しみ方があります。日本の春は、本当にいたるところに桜があふれる季節です。

少し暖かくなってきた陽射しの中、あなたはどんな桜を楽しみますか?いろんな形の桜を見つけて楽しんでくださいね。


TOP