日本で人気のクレジットカード「楽天カード」とは?

2020-09-08 暮らす
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

外国人の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、日本人には非常に人気のあるクレジットカードです。ポイントが貯まりやすく、使い道が豊富です。審査も比較的に通りやすいと言われています。日本での生活に持っておいて損はないクレジットカードです。

楽天カードを申し込む

楽天カードに関する関連記事

楽天カードのメリット

年会費が永年無料

楽天カードは年会費がかかりません。初年度無料のクレジットカードはいくつかありますが、楽天カードは永年無料です。

楽天ポイントがたまりやすい

楽天カードの最大の特徴はポイント還元率が高い点です。日々の買い物など、通常のカード利用によるポイント還元率は1%です。100円の買い物ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まります。さらに、インターネット通販による総合ショッピングモール「楽天市場(らくてんいちば)」で買い物をした場合は、プラス2%還元されます。つまり「1+2=3%」が還元されるのです。さらに楽天市場では頻繁にポイントアップイベントが開催されています。イベントごとの条件を満たせば、10%以上のポイントを貯められる場合もあります。

ポイントの使い道が豊富

楽天市場内で商品を購入する時に、楽天ポイントによる支払いが可能です。楽天ポイントは、楽天市場だけでなく、さまざまな店で利用できます。

  • ファーストフード:マクドナルド・すき家など
  • コンビニエンスストア:ファミリーマート・FUJIなど
  • スーパーマーケット:東急ストアなど
  • ドラッグストア:ツルハドラッグ・ココカラファインなど
  • 家電量販店:ジョーシン・ビックカメラなど

楽天ポイントが使える店舗一覧:
https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/

セキュリティ面も安心

  • カード利用お知らせメール
  • 不正検知システム
  • 本人認証サービス(3Dセキュア)
  • カード偽造防止ICチップの搭載
  • カード紛失・盗難 24時間365日対応 など

審査が通りやすい

他のクレジットカードに比べ、比較的審査が通りやすいといわれています。主婦・アルバイト・パート・学生でも申し込みをすることができます。日本で一番初めに持つクレジットカードとして、外国人の方にもおすすめです。

楽天カードを申し込む

楽天カードの締め日・引き落とし日

月末締め翌月27日支払い(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
*楽天市場での買い物は25日締め

楽天カードの限度額

基本的には30万~100万まで。入会審査時に決定します。実績に応じ、限度額の増額・減額されることがあります。

楽天カードの付帯機能・サービス

家族カード

本カード会員の口座から、まとめて引き落とされます。本カードの利用明細と、家族カードの利用明細がまとめて確認できるので、家計の管理がしやすくなります。本カード会員と家族カード会員は、お互いに楽天ポイントを移行することができます。

ETCカード

有料道路の通行料金決済専用ICカードです。通行料100円ごとに、楽天ポイントが1ポイント貯まります。楽天ETCカード単体の申し込みはできません。

楽天Edy

楽天Edyでの支払い200円(税込)ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります。Amazon・コンビニ・スーパーマーケットなど、全国77万ヵ所以上で利用できます。

楽天Edyが利用できる店舗一覧:
https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

楽天カード申込みに必要なもの

  • 楽天会員の登録
    楽天カードの申込みには楽天会員登録が必要となります。楽天会員登録は誰でも無料です。
  • 引き落とし口座の設定
  • 身分証明書
    楽天カードが届いた際は、申し込んだ本人が受け取り、写真付き本人確認資料を配達員に提示する必要があります。
    本人確認資料:
    運転免許証・マイナンバーカード・パスポート(日本政府発行)・在留カード・特別永住者証明書 など
    https://www.rakuten-card.co.jp/support/guide/identification/?l-id=corp_oo_apply-flow_to_identification_pc#case1

入会ポイントが今なら5,000ポイント

新規入会及び利用で、5,000ポイントもらえます。入会特典は時期によって変動するので、申し込みの際は公式サイトで確認しましょう。

楽天カードを申し込む


TOP