日本のスイーツ:あんこ

2020-07-20 その他
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

あんこは、日本の伝統的な食品です。和菓子はもちろん、洋菓子にも使われます。優しい甘さなので、こどもからお年寄りまで広い世代に愛されています。

あんこは、小豆(あずき)を煮込んで、砂糖を加えて練った、ジャムのような食品です。小豆だけでなく、さまざまな豆類やサツマイモ、栗などで作ることもあります。今回は「あんこ」についてご紹介します。

あんこのルーツ

あんこは「餡(あん)」とも呼びます。「餡」は、1,400年以上前に、中国から伝わったといわれます。当時は、米や小麦で作った食べ物の中に詰める具材全般を「餡」と呼びました。そのほとんどは肉で、塩味でした。その後、肉が小豆に変わり、江戸時代には、小豆で作った甘いあんこが食べられるようになりました。

あんこの種類

製法の違い

  • つぶあん・つぶしあん・小倉(おぐら)あん
    つぶあん:小豆をつぶさないように炊いたあんこ
    つぶしあん:つぶあんの粒を、あえてつぶして炊いたあんこ
    小倉あん:大粒の小豆を砂糖やはちみつで甘く煮て、こしあんに混ぜて作ったあんこ
  • こしあん・練りあん
    ゆでた豆をつぶして裏ごしし、豆の皮を取り除いたあんこ

原材料の違い

  • 小豆餡
    原材料:小豆
    もっともポピュラーなあんこ
  • 赤餡
    原材料:赤インゲン豆など、赤い豆
  • 白餡
    原材料:白インゲン豆や白ササゲ豆、白小豆など、白い豆
    通常は、こしあんにします。小豆餡よりもあっさりしているので、フルーツや生クリーム・クリームチーズなど、ほかの素材と混ぜて使うこともあります。
  • うぐいす餡
    原材料:青えんどう豆
    うぐいすの羽の色のような、茶色がかった黄緑色のあんこ。柔らかな色なので、春を表現した菓子などによく使用されます。
  • ずんだ餡
    原材料:枝豆
    うぐいす餡よりも、明るい若葉のような黄緑色のあんこ。甘い餡だけでなく、塩味の餡があり、東北南部の郷土料理によく使われます。
  • その他
    こしあんに、ごまや抹茶や卵黄を加えたあんこや、サツマイモや栗など、豆以外の原材料で作ったあんこもあります。

加工状態の違いに注意

スーパーなどで「あんこ」を購入する際は、加工状態の違いにも注意しましょう。

  • 生餡(なまあん)
    小豆を煮て、砂糖を加える前のあんこ。砂糖を加え、練って使います。
  • さらし餡
    生餡を加熱して、粉末状にしたあんこ。水で戻してから、砂糖を加え、練って使います。
  • 練り餡
    生餡もしくはさらし餡に、砂糖を加えて練った、ペースト状のあんこ。

あんこを使った、代表的なお菓子

  • あんぱん・小倉トースト
    中にあんこを詰めて焼いたパン
    トーストにあんこをのせることもある
  • おはぎ・ぼたもち
    蒸したもち米をついて、俵型に丸め、あんこでつつんだもの
  • 大福
    薄く伸ばした餅で、あんこを包んだもの
  • 団子
    穀物の粉を練って、小さな球状に丸め、加熱したものに、あんこをつけたもの
  • 饅頭(まんじゅう)
    小麦粉などを練った生地であんこを包み、蒸したり焼いたりしたもの
  • どら焼き
    小麦粉などを練って焼いた円盤状の生地を2枚使い、あんこを挟んだもの
  • 大判焼き(おおばんやき)・今川焼(いまがわやき)・回転焼(かいてんやき)
    小麦粉などで作った生地の中にあんこなどの具を入れ、円盤状の金属製の機械で焼いたもの
  • タイ焼き
    小麦粉などで作った生地の中にあんこなどの具を入れ、鯛(たい)の形をした金属製の機械で焼いたもの
  • 最中(もなか)
    もち米の粉を薄くのばして焼いた皮と皮との間に、あんこを挟んだもの
  • ようかん・水ようかん
    水で溶かした寒天(かんてん:海藻の煮汁を乾燥させた食材)にあんこを混ぜ、固めたもの
  • あんみつ
    寒天・果物・あんこなどを器にいれ、シロップをかけたもの
  • 小倉(おぐら)アイス
    あんこを混ぜて冷やし固めたアイスクリーム
    かき氷にあんこをのせることもある

TOP