東京で楽しめるおすすめの屋形船

2019-06-22 遊ぶ
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

「屋形船(やかたぶね)」に乗ったことがありますか?屋形船は、座敷と屋根が設けられた日本の伝統的な船です。船の上で和食を食べながら、水上からの景色を楽しみます。春の花見、夏の花火など、四季折々のコースが用意されることもあります。貸切だけでなく、乗合もあるので、少人数でも気軽に申し込むことが可能です。

今回は、東京で楽しめるおすすめの屋形船について紹介します。

屋形船の乗り方

貸切の場合も、乗合の場合も必ず予約が必要です。特に乗合屋形船は、出船する日時やコースが限られています。英語のホームページがある店も多いので、まずは確認しましょう。展望デッキがついている船や、座敷ではなく椅子になっている船もあります。

日時や人数が決まったら、予約します。一般的には事前の支払いが必要です。また集合時間に遅れると、乗船できません。注意しましょう。

船清

日本を代表する有名な屋形船で、テレビや雑誌でもよく紹介されています。天ぷらが名物で、船の上で揚げたアツアツの天ぷらが楽しめます。「刺身の舟盛り(ふなもり)」なども提供され、質の高い和食を味わいたい人にぴったりです。

乗合屋形船も1日1便、出船しています。品川からレインボーブリッジに向かい、そこから隅田川(すみだがわ)を上って東京スカイツリーや永代橋(えいたいばし)を鑑賞します。桜の季節には、隅田川の土手の美しい桜を船の上から楽しめます。

【乗船場所】品川
【料金】基本コース10,800円~
https://www.funasei.com
※電話による予約や問い合わせは、日本語のみでの対応となります。

あみ幸

貸切が中心ですが、ゴールデンウィークやシルバーウィークには、乗合屋形船のプランもあります。東京スカイツリーやお台場など、東京の名所を巡り、お刺身や天ぷらといった料理がいただけます。貸切の場合、4月~8月には潮干狩り(しおひがり)、9月~12月には投網(とあみ)やハゼ釣りといったプランも楽しめます。

【乗船場所】越中島
【料金】シルバーウィーク乗合いプラン10,800円~
https://www.amikou.co.jp
※電話による予約や問い合わせは、日本語のみでの対応となります。

新木場 江戸前汽船

月島名物の「もんじゃ焼」が食べ放題で楽しめる屋形船です。2種類の食べ放題・飲み放題メニューから、選ぶことができます。コースは、レインボーブリッジやお台場を航行する「お台場コース」と、東京スカイツリーや浅草の下町などを航行する昼便限定の「隅田川コース」があります。

乗り合い屋形船の出航本数が非常に多く、屋形船を気軽に楽しむことができます。

【乗船場所】お台場コース:新木場 墨田川コース:勝どき橋
【料金】昼便5,000円~、夜便6,000円~
http://www.edomaekisen.com/

駒形

寿司屋も営む屋形船です。お寿司屋さんが握る、本格的なお寿司を楽しむことができます。

乗り合い屋形船は、土日祝日に運行しています。浅草からスタートし、東京スカイツリーを眺めた後、レインボーブリッジをくぐってお台場海浜公園へと向かいます。大人限定の「大人の乗り合い屋形船」というコースもあります。

【乗船場所】浅草
【料金】9,180円~
http://yakatabune-komagata.com

晴海屋

乗り合い屋形船は、曜日を問わず運行されています。晴海からレインボーブリッジ、お台場などを周遊する「お台場スカイツリーコース」に加え、春には「お花見コース」があります。「ぶりの祐庵焼き(ゆうあんやき)」や「揚げたて天ぷら」といった和食を味わいつつ、東京の観光名所を巡ることができる屋形船です。

【乗船場所】晴海
【料金】10,800円~
https://www.harumiya.co.jp
※電話による予約や問い合わせは、日本語のみでの対応となります。


TOP