富士山の絶景スポット7選

2019-10-30 遊ぶ
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

富士山は、静岡県と山梨県にまたがり、日本でもっとも高い活火山です。その雄大な美しさは、数多くの芸術作品に描かれ、2013年には世界文化遺産にも登録されました。登山シーズンは、7月上旬~9月上旬ですが、登るのではなく、浮世絵にも描かれた姿を眺める旅にも人気があります。眺める場所や季節により、見える姿が異なる点が大きな魅力です。今回は富士山が展望できるおすすめスポットをご紹介します。

【山梨県】本栖湖中ノ倉(もとすこなかのくら)展望地

本栖湖西岸の山麓に位置し、本栖湖越しに、富士山を西側から見ることができます。本栖湖の「逆さ富士(さかさふじ:湖の水面に、鏡にうつしたように、富士山が上下さかさまに映る景色)」は、現在発行されている1,000円札や、以前発行されていた5,000円札に描かれていることで有名です。駐車場から展望台まで約30分、山道を登りますが、歩道や標識が整備されているので、初めてでも安心です。

ライブカメラが設置されているので、展望台と同じ景色をインターネットで見ることができます。
https://www.town.minobu.lg.jp/camera/

【山梨県】河口湖(かわぐちこ)

河口湖では、ほとんどの場所から、美しい富士山を見ることができます。逆さ富士を見るなら、北岸がオススメです。観光地としても有名で、周辺には美術館や博物館があり、自転車を借りて湖のまわりをサイクリングすることもできます。一泊して、早朝の美しい富士山を眺めるのもおすすめです。
http://www.fujisan.ne.jp/

【山梨県】富士山パノラマロープウェイ

標高856mの河口湖畔駅(かわぐちこはん)から、1,075mの富士見台駅(ふじみだいえき)まで、わずか3分のロープウェイです。晴れた日であれば、富士見台駅の展望台から富士山と河口湖の絶景が楽しめます。また富士山と向かいあうように建てられた「天上の鐘(てんじょうのかね)」は、撮影スポットとしても人気です。周辺には、富士山の眺望と高山植物が楽しめるハイキングコースもあります。
https://www.mtfujiropeway.jp/

【山梨県】新倉山浅間(あらくらやませんげん)公園

新倉山の中腹から、五重塔と富士山と桜を一度に見ることができる公園です。外国人向けガイドブックの表紙などによく利用されることから、外国人観光客にも非常に人気があります。新倉富士浅間神社や新倉山に登るハイキングコースもあります。
https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4919.html

【静岡県】田貫湖(たぬきこ)

季節や場所により、さまざまな姿を見せる富士山ですが、限られた場所で一年に数回しか見ることができない「ダイヤモンド富士」があります。日の出か日没に、富士山の山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象です。その中でも、ダイヤモンド富士が湖に映る「ダブルダイヤモンド富士」を見ることができるのが、田貫湖です。4/24と8/20の前後数日、午前6時前後に天候がよければ見ることができます。キャンプ場もあります。
https://tanukiko.com/tanukiko/#yurai

【静岡県】日本平(にほんだいら)

駿河湾を見おろす標高307mの丘陵地です。2018年には、1周200m、360度のパノラマ展望台を楽しめる「日本平夢テラス」がオープンしました。駿河湾越しに見る富士山、眼下に見える清水港、三保松原(みほのまつばら)など、素晴らしい眺望です。夜景も楽しむことができます。
https://nihondaira-yume-terrace.jp/

【神奈川県】芦ノ湖(あしのこ)

富士山が見える湖畔の温泉として人気の高い観光地です。虹マス、ブラックバス、わかさぎ等、釣りを楽しみながら富士山の眺望も楽しめます。遊覧船あり、湖の上からゆっくりと富士山を眺めることができます。
https://www.hakone.or.jp/midokoro/ashinoko.html

【番外編】東海道新幹線

東海道新幹線へ乗車した際も、新富士駅を通過する前後、美しい富士山を眺めることができます。東京から新大阪方面へ向かうときは、進行方向に向かって右側、新大阪方面から東京へ向かうときは、進行方向に向かって左側の座席に座りましょう。


TOP