いきなりステーキの利用方法

2019-08-05 遊ぶ
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

いきなりステーキは、ステーキを安く手軽に食べられるチェーン店です。2013年の創業後、すぐにブームとなりました。しかし、料理の注文方法が通常の飲食店と少し異なるため、仕組みがよく分からないという人もいます。そこで今回は、いきなりステーキの利用方法について解説します。

いきなりステーキの利用方法

いきなりステーキは、曜日や時間帯によってお店の仕組みが変わります。

  • 平日17時以降、土日祝日:オーダーカット
  • 平日17時前:ランチ

オーダーカットとランチで利用の方法が異なるので、事前にチェックしておきましょう。
*それぞれの時間帯はお店によって異なる場合があります。

平日17時以降、土日祝日(オーダーカット)

食べたい肉の量をグラム単位で注文するオーダーカットとなります。代金もグラム単位です。

  1. 入店し、席に着く
    立って食べるスタイルのお店と、座って食べるスタイルのお店の両方があります。
  2. ステーキ以外のメニューを注文する
    サラダやドリンクなどのサイドメニューを注文します。オーダーカットの場合はライスがつかないので、希望する場合はこのタイミングで注文します。
  3. 注文したいお肉の種類を決める
    座席にお肉のメニュー表があるので、あらかじめ注文するものを決めておきます。
  4. 座席に置いてある番号プレートを持ってカット場に行く
    店内の「カット場」と書かれた場所を探しましょう。
  5. カット場で、お肉の種類、量(グラム)、焼き加減(レア・ミディアム・ウェルダン)を伝えます。
    例えば「リブロースステーキを300グラム、レアでお願いします。」のように注文します。
    無料で付け合わせの変更が可能です。基本はコーンとなりますがお好みでブロッコリー・ジャガイモ・インゲン・オニオンに変更が出来ます。追加は各100円となります。
  6. カットしたお肉を焼いてもらいます。
  7. 席に戻り、エプロンを付けて待ちます。
  8. お箸、フォーク、ナイフやドレッシング、調味料は、各テーブルに用意されています。
  9. お肉が焼けたら、店員さんが運んできます。お好みでステーキソースをかけましょう。
  10. 美味しそう!熱々のステーキをいただきましょう!

平日11:00~17:00(ランチ)

平日17時まではランチメニューです。お肉を定量(200グラム、300グラムなど)で注文します。代金は決められた量ごとに決まっています。またランチの場合、すべてのメニューにライス・サラダ・スープがつきます。

  1. 入店し、席に着く
  2. 食べたいメニューを注文する
  3. 料理が届くのを待つ

ランチは、他の飲食店と同じような流れで利用します。カット場に行く必要もなく、すべて席で注文します。

おすすめメニュー

リブロースステーキ

牛の背中部分で、脂身と赤身のバランスが取れた部位です。肉質がきめ細かく、柔らかいのが特徴です。

オーダーカット:6.9円/g
ランチ:2,270円/300g、2,960円/400g、3,450円/500g

トップリブステーキ

リブロースステーキの脂身が少ない部分をカットしたステーキです。脂身が少ない分サシが多く、上質な舌触りが楽しめます。

オーダーカット:7.3円/g
ランチ:2,390円/300g、2,920円/400g

ミドルリブステーキ

リブロースステーキの脂身が多い部分をカットしたステーキです。脂身部分のジューシーな味わいが楽しめます。

オーダーカット:6.6円/g
ランチ:2,180円/300g、2,640円/400g

【ランチ限定】CABワイルドステーキ

牛の肩部分の、肉厚で、きめ細かく、ほどよい食感と濃厚な味が特徴の部位です。値段が安いので、お腹いっぱい食べられます。

ランチ:1,130円/200g、1,390円/300g、1,850円/450g
*ディナーでも注文できますが、ランチについているライス・サラダ・スープはつきません。


TOP