2019東京・神奈川おすすめの花火大会

2019-07-17 遊ぶ
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

海外の花火は、イベントの演出などに使われますが、日本では、花火そのものを楽しみます。夏の夜空に打ち上げられる、壮大で芸術的な打ち上げ花火はとても感動的です。今回は、関東のおすすめ花火大会をご紹介します。

*花火の写真はイメージです。

花火大会とは

夏になると、日本各地で「花火大会」が開催されます。全国的に有名で、多くの見物客でにぎわうものから、主に地元の人たちが楽しむものまで、さまざまな規模の花火大会があります。全国の花火師(はなびし:花火を作り、打ち上げる職人)が競い合い、順位をつける「競技花火大会」もあります。

大きな花火大会では、特等席で見たい方に、有料観覧席が発売されています。露店や屋台が並んだり、浴衣を着て花火見物にでかける人がいたりするので、とても賑やかです。

なお、悪天候などによって、中止になったり延期されたりすることがあります。交通規制がかかることもあります。当日は、大会ホームページを確認してからでかけましょう。

【東京都】隅田川花火大会

江戸時代に「両国の川開き」として始まった、おそらく日本最古の花火大会です。2つの会場から、それぞれ約10,000発、合計約20,000発の花火が東京の夜空を彩ります。全国的に有名な花火大会で、毎年約100万人の見物客でにぎわいます。テレビ東京で中継されるので、自宅で楽しむこともできます。

場所:隅田川近辺(浅草、向島周辺)
第一会場:桜橋下流〜言問橋上流
第二会場:駒形橋下流〜厩橋上流
日程:7月27日(土)19:00~20:30(第二会場は19:30開始)
*荒天などで中止の場合、28日(日)に延期。両日とも実施できない場合は中止。
https://www.sumidagawa-hanabi.com/index.html
https://www.tv-tokyo.co.jp/hanabi/index.html

【東京都】神宮外苑花火大会

都心の夜空を彩る約10,000発の花火と音楽の祭典です。有料観覧席には、楽しみ方が異なる3つの会場があります。メインとなる神宮球場で見る花火とライブは迫力満点です。駅から近い秩父宮ラグビー場では花火とライブの映像を楽しめます。神宮第二球場では、グランドにシートを敷いて、家族や仲間と花火を楽しめます。

場所:明治神宮外苑(神宮球場・神宮第二球場・秩父宮ラグビー場)
日程:8月10日(土)19:30~20:30
*雨天決行。荒天時は翌11日(日)に順延。
http://www.jinguhanabi.com/

【東京都】江戸川区花火大会
【千葉県】市川市民納涼花火大会

江戸川河川敷を舞台に、江戸川区と市川市が共同開催する花火大会です。約14,000発の花火が江戸川の夜空を彩ります。8つのテーマで構成され、各テーマにあわせた花火とBGMによる、花火と音楽の共演です。

場所:江戸川河川敷 都立篠崎公園先・市川会場・行徳会場
日程:8月3日(土)19:15~20:30
*荒天時は2019年8月4日(日)に延期。両日実施できない場合は中止。
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e032/sports/kankomidokoro/hanabi/index.html
http://www.ichikawa-hanabi.jp/

【神奈川県】開国花火大会

ペリーが久里浜に上陸したことから、横須賀「開国の地」と呼ばれます。夏には「よこすか開国祭」が開催され、フィナーレには、約5,000発の花火が横須賀の夜空を彩ります。「ヨコスカフレンドシップデー」として横須賀米軍基地が一部開放されているので、基地内から花火を見ることもできます。

場所:うみかぜ公園・三笠公園・米海軍横須賀基地など
日程:8月3日(土)19:15~19:45
*荒天時は中止。順延なし
http://yokosuka-kanko.com/pickup/2019/06/-319151945.html

【神奈川県】あつぎ鮎まつり花火大会

「あつぎ鮎まつり」初日の夜、スターマインを中心に約10,000発の花火が相模川の夜空を彩ります。花火が終わると、会場内のすべての人がスマホ等のLEDライトを点灯し、幻想的な空間をつくる「あつぎSTAR☆LIGHT」もあります。

場所:相模川河川敷(三川合流点)
日程:8月3日(土)19:00~20:30
*雨天決行、荒天時は4日(日)に順延。
http://www.atsugi-kankou.jp/recommend/feature/ayuhanabi.html

【東京都】葛飾納涼花火大会

観客席から花火の打ち上げ場所が近いため、臨場感満点。約13,000発の花火が、下町情緒あふれる葛飾の夜空を彩ります。映画「男はつらいよ」の舞台として有名な「柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)」をお参りしてから見物するのがオススメです。

場所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)
日程:7月23日(火)19:20~20:20
*荒天の場合、24日(水)に延期。両日実施できない場合は中止。
http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000065/1020041.html


TOP