水道水も飲めるの!?日本の水事情

2019-02-07 暮らす
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

国が違えば、水事情も違うものですが、日本の水事情は世界の中でもかなりいい方でしょう。
24時間蛇口をひねれば水が出るのは当たり前。
日本の水道水の水質は世界的に見てかなり安全なレベルで、蛇口から出した水がそのまま飲めます。
今回はそんな日本の水道水について、水道水がそのまま飲める理由、カルキ臭の抜き方、水の硬度などをまとめてみました。

日本は水道水が飲める数少ない国の一つ

日本では、水道が各家庭に引かれている上に、水道水がそのまま飲める数少ない国のひとつです。

蛇口をひねってそこから出てくる水を飲んで下痢するなんてことはまずありません。
多くの日本人が、日々の飲料水として水道水をそのまま使っています。

なぜ、日本の水道水はそのまま飲めるのでしょう?

それは、日本の水道水が、法律によって検査が義務付けられているからです。
2019年現在、適合が義務付けられている水質基準項目だけでも、なんと51項目におよびます。
日本では、この厳しい検査をクリアした水だけが各家庭に供給されているのです。

水は、水源から浄水場を経て、配水管を通して各家庭に運ばれますが、水道局は、水源、浄水場、給水栓など要所要所で水質検査を行なっています。
また、使用後の水は下水管を通して下水処理場で消毒後、海や川に流されます。

この下水処理のシステムがあるおかげで、水源となる川や地下水を汚染から防ぐことができています。

日本の水道水が飲めるのには、それだけの理由があるのです。

水道水の匂いの原因と対策

日本の水道水は、蛇口をひねればそのまま飲むことができます。
ただ、人によっては匂いが気になるかもしれません。

この匂いの原因は塩素です。
日本では水道水を消毒するために塩素が入っています。
この塩素のおかげで病原菌が消毒され、生水を飲むことができるのですが、その反面水道水がカルキ臭くなってしまいます。

コーヒーや紅茶、料理用に使う分には問題ないのですが、そのまま飲むには匂いが気になる人もいるでしょう。

そんな時はちょっと一手間かけてカルキ臭を排除するといいでしょう。

浄水器をつける

簡単にカルキを抜くなら浄水器を取り付けるのが一番でしょう。
自宅用なら、蛇口にとりつけられるタイプが便利です。
ただし、定期的なフィルターの掃除は、お忘れなく!

レモンを使う

レモンの香りでカルキ臭さをごまかすわけではありません。
レモンに含まれるビタミンCによって化学変化が起こり、塩素自体がなくなるのです。
水1リットルにレモン汁を数滴垂らして混ぜましょう。一瞬にしてカルキ抜きができます。

カルキを抜いた水は早めに使う

カルキを抜いた水道水は、保存がききません。早めに飲み切るようにしましょう。
また雑菌などが繁殖しやすくなるため、加湿器にはカルキを抜いていない水を使うようにしましょう。

水道水vs ミネラルウォーター

日本の水道水は飲めます。
が、それでも最近は健康志向や、味へのこだわりなどの理由から、ミネラルウォーターを購入する人も増えています。飲み水としてそのまま飲む場合は、ミネラルウォーターの方がおいしいと感じる人も多いでしょう。

ただし、ミネラルウォーターは水道水に比べると割高です。
コストパフォーマンスを取るか、味をとるか、それぞれの好みと生活スタイルで分かれるところでしょう。

日本の水は軟らかい!?

水は硬度によって軟水と硬水に分けられます。
水にはカルシウムとマグネシウムが含まれていますが、水1リットルに含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値で表したものが水の「硬度」になります。

WHOの基準によると、1リットルあたり120ml未満が軟水で、120ml以上が硬水とされています。
ちなみに同じフランスでも、エビアンは硬度約300ml/lで硬水、ボルヴィックは硬度約60ml/lで軟水です。

では、日本の水はどうかというと、ほとんどが軟水です。
地域によって多少の差はありますが、日本の水道水の硬度は平均して50~60前後とよく言われます。軟水は口当たりがよくまろやかなのが特徴です。

また、軟水はまろやかな水であるため、お肌や髪にも優しい水です。
硬水の国から来た人には、日本のお風呂上がりのお肌や髪が、しっとりすることに驚く人もいるでしょう。

また、軟水は、出汁の旨味を引き出してくれるので、素材の味を生かした日本料理に適しています。

世界的にも高水準の日本の水道水

日本の水道水は、カルキ臭を気にする人もいるかもしれませんが、それは水がちゃんと消毒さているという証拠でもあります。安全性でいえば、世界でも非常に高いレベルです。

蛇口から出した水をそのまま飲んでもお腹を壊したりしないのが日本の水道水。 最近は、各水源の特徴を活かしたさまざまな「ペットボトル入り水道水」まで販売されるようになりました。日本の水道水をぜひ、しっかり味わって飲んでみてくださいね。


TOP