七草がゆ(ななくさがゆ)の作り方

2020-01-05 暮らす
Living in JAPAN JOBS
Living in JAPAN JOBS

This post is also available in English

日本では古くから、1月7日の朝に「七草がゆ」を食べる風習があります。「七草がゆ」とは、「春の七草」という7種類のハーブを入れたお粥です。1年の無病息災を願うとともに、正月料理で疲れた胃腸を休めるために食べるといわれます。今回は、七草がゆについてご紹介します。

七草とは

七草には「春の七草」と「秋の七草」があります。どちらもその季節にとれるハーブです。春の七草は、七草がゆにして食べますが、秋の七草は、美しい花を観賞して楽しみます。どちらの七草も、草の名前を「5音・7音・5音・7音」になるように並べ、リズムにのせて覚えることができます。

春の七草

いずれもビタミンが多く、整腸作用があります。またそれぞれの名前には、縁起のよい意味があります。

  • せり
    「競り勝つ」を意味します。
  • なずな
    「ぺんぺん草」と呼ばれ、「なでて汚れを払う」を意味します。
  • ごぎょう
    「仏様のからだ」を意味します。
  • はこべら
    「はこべ」とも呼ばれ、「繁栄がはこびる」を意味します。
  • ほとけのざ
    「仏様の座る場所」を意味します。
  • すずな
    「蕪(かぶ)」の古い名前で、「神様を呼ぶ鈴」を意味します。
  • すずしろ
    「大根(だいこん)」の古い名前で、「汚れのない白」を意味します。

七草がゆの作り方

七草がゆは家庭で作るのが一般的です。6日までに、七草をひとつにまとめた商品をスーパーなどで購入しましょう。調理が簡単なフリーズドライの商品もあります。

1. お粥を作る

お粥は鍋や電子レンジで作ることもできますが、炊飯器を使えば簡単です。レトルト食品を購入することもできます。

  • レトルト食品を使う場合
    具の入っていない「白がゆ」を購入しましょう。温めたら、塩少々を加えます。
  • 炊飯器で作る場合
    おかゆを作る機能が備わっていることが多いので、お米の量と水加減は、炊飯器の説明に従いましょう。米と水に、塩少々を加えて炊きます。
  • 電子レンジで作る場合
    炊いたご飯に、水と塩少々を加えます。ラップをかけ、500Wで約5分加熱してください。ふきこぼれそうになったら、加熱を止めましょう。加熱できたら、約10分ラップをしたまま置いて、蒸します。
  • 鍋で作る場合
    炊いたご飯に、水と塩少々を加えます。蓋をして強火にかけ、沸騰したら弱火にして、20分くらい煮ましょう。ふきこぼれそうになったら、蓋をずらしましょう。

2. 七草を準備する

  1. 「すずな」と「すずしろ」は皮をむいて薄切りにします。
  2. その他の葉は、食べやすい大きさに切ります。
  3. 塩少々をふりかけ、軽く揉んでから、約10分おきます。

3. お粥と七草を混ぜる

お粥に七草を混ぜたら完成です。調理中の塩は少な目にしておき、塩味が足りない場合は、食卓で足しましょう。


TOP